エキサイトイズム エキサイト | イズム トップ | サイトマップ
ゼロ歳児が教えるユーザーインターフェイス
随分前のこと、MacPeopleの野末編集長とネタが見つからないという相談をしたところ、”身近なところから見直してみては?”とアドバイスをいただいた。
早速、自分の生活の中に隠れたネタを探そうといろいろと見渡してみたのだけど、該当しそうなものと言えば「育児」くらいしかない。
そう、僕はゼロ歳から(現在2歳半)息子を仕事しながら育ててきた。
なので「男の育児とパソコン」これをテーマにしよう、ということにした。

「育児とパソコン」というと、どうやってパソコンを育児に役立てるか?というテーマに陥りがちだけど、ちょっと違う。
というのは、息子はデジタルがジェットをどんどんいじくり回すのだ。
これを眺めていると面白い。
ユーザーインターフェイスの善し悪しがわかるのだ。

例えば携帯電話。
ゼロ歳の息子は、あっというまにボタンを操作して、デジカメで写真を撮ってくる。(今ではもうあきたらしい→お話に夢中)
それをみたときに、さすが携帯電話のUIってのは完成されているんだなと思った。

パソコンの場合、すこし様子が違う。
今までWindowsのVAIOノート505esと、Apple PowerBook G4を使ってきた。
VAIOノートの場合、息子は目を離したすきに、キートップ(キーボードのボタンひとつひとつ)をほとんどひっぺがしていた。トラックパッドもさわったがいまいち興味がわかなかったらしい。

PowerBookG4の場合、まずトラックパッドに触れて、画面上のメニューがウニョウニョ動くのが気に入ったらしく、いろんな場所にカーソルを移動させてはその動きを楽しんでいる。

ここでふと思ったのはMacOSXのUIの方が直感的なんだなということ。
10.3から搭載されたexposeという、全てのウインドウをサムネイル化する機能はかなり面白いらしく、「これ!」とみたいウインドウを選んだりする。

まあ、乳幼児の操作感がUIの良さと直結するわけではないが、僕としては「ものの使いやすさはまず子供に渡してみることから始まる」という認識ができた。

2歳の誕生日に僕のお下がり端末をプレゼント。息子専用のパソコンはWindowsCEになった。これはしばらくはまった。指で操作できるからだ。さすがに素晴らしいと思ったが、お絵かきしか使わなくなった(笑)

現在は、PowerBookG4がお気に入りで、「お仕事する〜!」といってはアーロンチェアに飛び乗り、ばりばり操作する。
その横で、「あ〜!、それ消さないでよ!」と僕は叫んでいたりするです(笑)
[PR]
# by ism_maskin | 2004-05-17 16:53
坂本龍一さんインタビュー「ネット上のコミュニケーションや表現について」(1)
こんにちは。そして初めましてみなさん。
METAMiX!というブログを運営している、maskinと申します。

しばらくうまく自分の本ブログとこのエキサイトブログの使い分けができてなかったのですが、ismブログの本格始動に合わせてじっくりと取り組んでいきたいと思います。

このブログでは、デジタル関連の最新の動向をお伝えするとともに、デジタル機器の道具としての側面や、国民の過半数に普及したインターネットが今後私たちの生活にもたらすことなど、ちょっと先のことも考えていきたいと思います。

さて、今回は、音楽家 坂本龍一さんに「ネット上のコミュニケーションや表現」について話を伺ったので、数回にわけて紹介したいと思います。

----------

maskin:坂本さんは、これまで村井教授やデジティミニミの竹中さんといった先端の技術者と共にネットを使った表現活動をかなり早い段階で行われてきました。
どういったところがおもしろかったのでしょうか。また、やったことによって何が得られたのでしょう。

坂本氏:

まず、インターネットが新しい技術だったこと。ぼくたちの目の前で、日々新たに変化、変容していく技術に関わることはとてもエキサイティングでした。

電話の発明に関わった人たち、TVの発明に関わった人たちもこのような、あるいはそれ以上の興奮を味わったのではないでしょうか。

また電話やTVなどとの共通点として、三者ともコミュニケーションの技術だということがあります。またぼくの専門の音楽も、当然ながらコミュニケーションが重要性をもっていますので、必然的に磁力で引きつけられるように、ネットに引きつけられたのでした。

当時、ネットを使った配信に関してはTVと同様にほとんどが一方通行でした。
broad-castだったわけです。これをどのように、多数に配信すると同時に、多数からのメッセージも受信するmulti-castを実現するかということに、「f」というツアーで苦労しました。


maskin:坂本さんは、ヘヴィなMacOS&テクノロジーオタクで、さらにJava言語なども習得しようとされたとか。本当ですか?

坂本氏:

いえ、そんなことはありませんよ。関心はありますが、自分で言語でプログラムが
書けません。そうなりたいとは思いますが、勉強している時間がありません。今、
10代だったら絶対しますけど。


<<続く>>

(METAMiX!からの出稿でした。http://www.metamix.com)
[PR]
# by ism_maskin | 2004-05-10 20:01
22日(木曜日)セミナー開催
Japan.internet.comで有名なインターネットコムが主催する「パワーセミナー」シリーズで講演します。タイトルはなんと「たった3時間でわかるブログ講座」!ネットエイジ執行役員の後藤康成氏と私増田が総力をあげてお届けします。

開催は4月22日(木曜日)の13:30から、東京・東銀座の時事通信ホールで行われます。16日に締め切りだったのですが、まだ若干余裕があるようですので、よろしくです。

お申し込み・詳細は以下から
http://japan.internet.com/seminar/seminar.html
[PR]
# by ism_maskin | 2004-04-20 09:09 | クオリア
シリコンバレー発祥の地
a0008050_154945.jpgこの前のアップルに引き続きガレージの話。(執筆中)
[PR]
# by ism_maskin | 2004-04-10 15:50 | 人と夢
ちょっとすすんだblog運営
ecto本格的なbloggerは、自分でサーバーを借りてMovableTypeなどをインストールしている模様。何を隠そう僕の公式blogもMovableTypeをベースにしてあるわけです。

システム面ではPHPとかPostgreSQLによるカスタマイズが施されていて、日々新しい機能(ほとんどが未公開)を追加している感じ。サーバーの非力さを感じるけど、当面は勉強しながらなのでこれで満足。

一方コンテンツ面、つまり記事の運営に欠かせないのが「ecto」である。これがあると無いとでは、blog運営に大きな差が生じるわけです。

ectoは、XML-RPCというblog運営システム等をコントロールする”世界標準ルール”に対応するアプリケーションで、記事の公開だけでなく、未公開記事の保管、画像のフォーマット変換やアップロード、クリックによるポップアップスクリプトの作成などさまざまな機能を提供します(是非画面をクリックしてみて、ごく一部しかみえないけど)。

僕の公式サイトはblogといよりはウェブマガジンみたいなもので、速報性とかを重視するため大量の草稿を管理する必要がある。ectoは大量の草稿やサーバーに公開されている記事を一元管理してくれるだけでなく、記事の整形とかHTMLのコーディングの手助けもしてくれるからとっても助かるのです。

ectoを使っていると、ウェブページからしこしこ記事を更新している人の気が知れない、って、エキサイトイズムブログはウェブページから更新しているんですけどね(^^;)

エキサイトのみなさん!XML-PRC対応してください!
ついでにエキサイトブログ専用更新ツールなんかがあるといいですねぇ
[PR]
# by ism_maskin | 2004-04-06 23:25 | 技術
マイ・コンピュータとの出会い
a0008050_55120.jpgみなさん、コンピュータとの出会いはいつ頃ですか?

僕は小学校1年生の時。
初めて出会ったのは電卓みたいなコンピュータでした。
基盤丸出しで、できることと言えば計算とインベーダーゲームもどき。
それでも、機械と対話ができることがうれしかった。

その後本格的にはまるきっかけになったのが写真のマイコン(当時コンピュータは「マイコン」と呼ばれていました)。SHARP製のMZ-80K2Cというものです。黒いディスプレイに緑の文字、左手にはデータ保存再生用のテープレコーダーが付いていました。
このマイコンで動くBASIC(マイクロソフト製)というプログラミング言語の教本がすばらしくて、それを食い入るように見ながら仕組みを覚えていきました。シューティングゲームとかを作って、小学校の帰りに友達が大勢遊びに来てくれたのがうれしかったですね。

中学生になると友達三人で「三角点」というソフトハウスを作り・・・・それは即解散してしまってMASKIN'S SOFTWAREを作りました。アドベンチャーゲームを作ってデパートに置いてもらったり秋葉原に売りにいったりしたことがあります。今振り返るとなんとまあアクティブな子供だったと思いますが、途中芸術の道にそれたり、いろんな挫折があって現在に至ります。
[PR]
# by ism_maskin | 2004-03-10 03:47 | クオリア
Appleのガレージ
a0008050_21436.jpg皆さんがもし会社を起業されるとしたら、場所をどこにするでしょうか?アパートやマンションを借りたり、とりあえずは出費を覚悟で立派なオフィスを借りるでしょうか?

Apple Computerは、写真の小さな家のガレージで起業しました。それ以降の成長はもはや語ることもないですが、ここから生まれたものの大きさを考えれば感慨深いですね。(Jobsのご両親はまだここにすんでいるとか、それもすごい)

日本の住宅環境から考えれば”物置”でしょうか。それとも”階段下の隙間”?お茶の間にノートパソコンかなぁ(涙)
[PR]
# by ism_maskin | 2004-03-10 02:15 | 人と夢
ビデオミーティング普及委員会
a0008050_15158.jpgいきなりなんですが、とにかくiSight買ってください。
”なんで?”って、いいんですよ。まず造形が最高です。こんな工業製品みたことないですよ。だって、樹脂製のスタンドが無ければただの筒ですよ。2才の息子がなにこれー?といって口にくわえちゃうほど斬新なデザインなんですよ。それでありながらFireWire接続のビデオカメラとしてかなり出来がいい。機能的な面で言ってしまうとやっぱりオートフォーカスが強いですが、悪い面が見えないほどバランスがいいです。
それよりまず他のビデオチャット用カメラと並べてみてくださいよ、格が違いますよ格が。安っぽいカメラじゃエロチャットくらいしか行く気にならないでしょうが、iSightならビジネスとかソーシャルなコミュニケーションがしたくなります。真面目にSOHOとか脱東京とかやりたくなりますよ。
[PR]
# by ism_maskin | 2004-03-09 01:52 | クオリア




Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム