エキサイトイズム エキサイト | イズム トップ | サイトマップ
<   2004年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
オーソリティを見極める検索エンジン
”Google”が検索するという意味の一般語と化する中、検索エンジンの新しい勢力が着実に力を付けつつあるようです。前回紹介したblogWatcherに続いて私が注目するのは『Ask.jp クイック&スマート検索』です。
a0008050_12444695.gif

Ask.jpの魅力は、そのキーワードに関するオーソリティ(権威・その道の大家ー広辞苑より)を見つけてくれるという点です。つまり、単純にリンクされている数や、アクセス数だけによる評価ではなく、多面的にサイトを分析し、検索結果に反映させてくれるのです。

これは僕はとても重要なことだと思います。というのは、現在は「リンクやトラックバック、コメントの数が多い」=「人気がある」と誤解される傾向があるからです。これだといいサイトが埋もれる結果になり、ネット全体の質の悪化にもつながると懸念していました。評価が画一的で、偏ることが多いのです。だから質の悪化というか、現実との乖離(かいり)といったほうがいいかもしれないですね。

特にこれから、パソコンが得意でない一般の人たちも検索エンジンとウェブサイトを利用するようになります。HDDレコーダーや携帯ゲーム、携帯電話などさまざまな機器から使われるようになるのは間違いないでしょう。より現実世界に即した結果が検索エンジンにも求められるということです。

ところで、この技術は、アメリカのteomaとして知られるものです。日本でもこういった技術に注目する人が増えているので、今後に期待できると思います。というか、日本人が得意な分野だと思うので応援したいと思います。
[PR]
by ism_maskin | 2004-08-25 12:41 | クオリア
ブログの評判動向をキャッチできる検索エンジン
日記文化から始まり、個人がつづるリアルタイムログのブームは、現在ブログという名前でブレイクしようとしています。

独白(ひとりごと)型の記事というのは、その人の本音が隠されているので、総体的にながめたとき、世相のありようをかなり性格に表してくれる傾向にあります。ただ、それをキャッチするツールがなかったで、僕は月々60PVのアクセスがある自分のブログ(metamix.com)へのログを頼りに、世の中の流れを史観してきました。

しかしそれも今日まで。
東工大の奥村研究室が16日にスタートした「blogWatcher」は、ブログを含めた日記型サイトを対象に、盛り上がり度や評判をざっと観察することができる検索エンジンなのです。
http://blogwatcher.pi.titech.ac.jp/

a0008050_1771838.gif


このグラフは、「オリンピック」というキーワードで、盛り上がりの推移を過去にさかのぼってみたところ。グレーの棒グラフは、キーワードの頻出度で、赤いのは「バースト度」というのですが、これがいわば”盛り上がり”に比例するものです。きっちり4年に1度話題になっているわけではないですが、おおむねその傾向は見えます。

最近の検索エンジンはとにかく早く!リンクを解析!みたいな流れがありますが、実はあまり役に立たない。こうして過去を振り返って、その動きをしっかり見られる検索エンジンの価値は今後よりたかまると思われます。
[PR]
by ism_maskin | 2004-08-20 17:14 | 技術
視覚が失われた世界
外苑前・梅窓院 祖師堂ホールで9月4日(土曜日)まで開催されているイベント「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」に感動しました。

10名ほどのグループで、室内を歩いていろいろな体験をするものです。
ただ、室内は完全な暗闇なのです。

中にはいると、姿の見えないガイドさんがいました。
とても丁寧に、暗闇の世界へと引導してくれます。

いきなり入った部屋は、わらのにおいがしました。
足下にある小石を手で触れ、わらの上に寝転がったりするんです。
暗闇の中で、こんなことをしたのははじめてでした。

途中、階段や橋を渡るのですが、ガイドさんの声や、他の人のアドバイスがあってなぜか怖くない。不思議でした。

さらにブランコに乗ったり、おもちゃで遊んだり、飲み物を飲んだりもしてしまいます。
とにかく時間がたつのを忘れて楽しんで、
そしたら暗闇なのに、次第に周りの情景が見えてきました。

それは幼い頃に見た暖かく包まれた世界に似ていました。
居心地がとても良かったのです。




最後に、光のカーテンを越え、現実の世界に帰ってきました。
そこにいたガイドさんは、目の不自由な人でした。
同じ人なのに。なぜか異なる印象を受けてしまった自分が哀しかったです。

もう一度目を閉じて、そのガイドさんともう一度たくさんコミュニケーションをしたいと思いました。僕たちが暗闇で頼ったその人のことを、もういちど、もっとしっかり受け止めたいと思ったのです。

【関連情報】
・ダイアログ・イン・ザ・ダーク(完全予約制、前売り3,500円、当日4,000円)
http://www.dialoginthedark.com/
[PR]
by ism_maskin | 2004-08-17 16:17
モノか道具か
『amadana』
をみて感じたこと。

a0008050_9324770.jpg


1.これ何?
2.そんなに高級感はないが色が落ち着いている
3.あー、スピーカーは上なのか
4.LEDが古風
5.音がよくなくても持ちたいかも
6.どこに置こうかな

つらつらと感じたプロセスを並べてみたのですが、”・・・あれ、別にスペックとかポートとか気にならないんだ”ということに気がつきました。なんとなくはわかっていることだけど、プチ衝撃。

引き算の商品というのは、バランス次第で主張になるということですね。
[PR]
by ism_maskin | 2004-08-04 09:46 | クオリア




Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム