エキサイトイズム エキサイト | イズム トップ | サイトマップ
<   2004年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧
モバイルサテライトテレビというスタイル
前回のエントリーに引き続きモバイル衛星ネタ

a0008050_21401854.jpg


携帯が普及し初めて10年以上が立ち「モバイル」という言葉も使い古されてきたい感じがありますが、”持ち運ぶ”というキーワードは未だに新しいと思います。どんなものにでも”持ち運べるか?”というものに照らし合わせて考えてみればわかると思いますが、持ち運ぶにはさまざまな障壁があって、あきらめてしまいがちです。例えば、”クーラーを持ち運んだら涼しい”なんて無理っぽいですよね。

テクノロジーのすばらしさってこういう無理に対する力にあると思います。
クーラーだって、ハンディクーラーみたいな技術があるかもしれません。

情報テクノロジーが未だに熱いのは、アイディアで無理を可能にできるからだと思います。

この間25周年を迎えたソニーの「ウォークマン」は、”持ち運べた”というだけでなく、それを”スタイル”にしたという意味で歴史に残る製品になっています(今、東京都のお台場メディアージュで展示会やってます。いいですよ)。だって、あんなでっかなレコードを聴いていた時代に、持ち運べるテープレコーダーですよ?すっごいです。

そして今、モバイルテレビが盛り上がりつつあります。
すでに20年前に腕時計テレビは登場していましたが(ドラえもんの夢はどこに?!)いまいちもりあがらなかった、民放向けのコンパクトテレビもいまいち笑いにならない。普及しすぎたということもあると思いますが、少ないチャンネル、中毒度の高いコンテンツがモバイルテレビには合わないと思います。

僕は民放をほとんどみません。なぜか?魅力的すぎるからです。休む間もなく、魅力的な映像や音楽、人などが飛び出して逃げられなくなる。強いメディアだからといえばそれまでですが、思考を失うのでみません。その代わりCSはみます。なぜなら選べるからです。投資情報、海外のニュース、日本のニュース、映画、などなど。

モバイルでテレビを見るとき、休む間もなく見なくてはならないコンテンツはありが足られません。なぜならいつ電話が入ったり、用事が発生するかわからないからです。モバイルの場合、”つまみ食い”程度のコンテンツがちょうど良いでしょう。そういう意味では現在スカパー!でやっているコンテンツくらいがちょうど良いと思います。どれも時事性が高いですし、番組のテーマが絞られている。どっぷり使う民放地上波ではなく、情報のソースとして使える番組だと思います。

そう考えるとモバイル衛星テレビはすごくいいかなと思います。時事性が高い投資情報なんかは象徴的な例だと思います。あと海外のニュースなんかはジャーナリストとしては欠かせませんです。この部分では、あきらかに携帯より情報取得に関する利便性が高いと思います。携帯は、現実的にニュースサマリーとメールくらいしか得られませんから。早い回線でリッチになっても衛星にはかなわないでしょう。

つまりこういうことですモバイル衛星テレビは
・持ち運べる
・リッチな情報
・選べるコンテンツ(映像、ラジオ)
という構図を完成させている。
これまでモバイルでは成し得なかったことを実現すると思うのです。
[PR]
by ism_maskin | 2004-07-27 21:41 | クオリア
モバイルテレビはライフスタイルを変える?
2004年7月21日〜23日に開催された「ワイヤレスジャパン」で、”モバイル放送”なるものをみてきました。下の写真は、その放送を受信する小型端末。
a0008050_321079.jpg


このサービスの準備を進めているのは
「モバイル放送株式会社」
http://www.mbco.co.jp/
という会社で、すでに放送向けの衛星を2004年3月に打ち上げ済み。

*打ち上げの模様はこちら
http://streamvox.ninesystems.com/ils/031204/index.html


それでCS並みとはいいませんが、かなりの数の番組を配信することが決まっています。
■映像7ch
 ・総合 2ch
 ・エンタテインメント1ch
 ・ニュース+スポーツ1ch
 ・音楽 1ch
 ・経済ニュース1ch
 ・プレミアム(公営競技) 1ch

■ 音声 (30ch)  
 ・音楽  26ch
 ・ニュース、語学 等 4ch

■データ情報
   (13メニュー)  ・ニュース、ビジネス、Culture、英会話、趣味娯楽
 生活等の13メニューに60以上のタイトル

*最新の編成リストはこちら
http://www.mbco.co.jp/02_program/index.html


いくつもの番組をつまみ食い感覚で見られるという意味では、モバイルに適しているなあと感じました。電車の移動中でも(地下鉄じゃCS受信できないよな・・)さくっとチェックできるならいいですよね。

気になる放送開始は2004年10月中旬!?、え、そんなすぐなの?

この会社の出資に、東芝やシャープを始めとした家電メーカーもなを連ねているので、もしかするとまもなく端末も登場するのかもしれないです
[PR]
by ism_maskin | 2004-07-26 03:03 | クオリア
財布携帯は便利?
エキサイトブログのリニューアルにより携帯からのアップロードが可能になりました。こういったアプリケーションが増えるのは書き手にとってとてもいいですね。私は仕事柄外出することが多いのですが、外に出ているとどうもブログの更新が遅れがちで困っていたのです。携帯なら目で見ていることをリアルタイムに伝えられるのでいいですね。

さて、この写真はWIRELESSジャパンという、無線通信の総合展示会での1コマです。ここでは携帯やBlueTooth、無線LAN、デジタル放送などの展示があるのですが、この写真はまさに「お財布携帯」のデモです。Edy搭載の携帯電話を使って、自動販売機でジュースを買うところです。
a0008050_012086.jpg


確かにかざすだけで変えるのはラクですね。けど利用者にとってこの自動販売機におけるポイントは、「取り出し口が上にある」ということです。ある統計では、自動販売機の取り出し口が下過ぎるとおもっている人が過半数を超えているようです。僕も、重い荷物や息子を担いでいるとき、自動販売機で買うのはとても大変。

なので、携帯で簡単購入より、取り出し口が上にあることの方に軍配を上げます。
[PR]
by ism_maskin | 2004-07-24 00:02 | クオリア
ブログとリアルワールドの橋渡し役
a0008050_2159.jpg木村剛という人を知っているでしょうか。
2002年に竹中チーム〜「金融分野緊急対応戦略プロジェクトチーム」に参加し、現在も年金問題や経済、社会についてさまざまな提言を続けている人です。テレビを見る人は(僕は民放は一切みません)きっと知っているでしょうね。

その彼がブログにはまっているのです。その名も「週刊!木村剛」で。このブログの人気はとんでもないもので、このブログから雑誌「月刊!木村剛」が発行されました。ブログを通した読者との交流がうまく紙媒体としてまとまったということでとても画期的な雑誌です。

当初、木村氏は、運営企業からブログの運営を依頼されたときは、ウェブコラムと勘違いをして「月に2〜3回更新?めっどっちいなあ」と思っていたのそうです。けれども、今では毎日更新するのが当たり前になっている。しかも、年金からスポーツまであらゆるテーマの記事をしっかり書かれていて、とても読み応えがあるのです。

この前お会いしたときに「ブログを初めてかわったことはありますか?」と聞いたら「休日はおろか睡眠時間がなくなりました」とおっしゃっていました。

ところで木村氏がブログにはまった理由は「トラックバック」にあるそうです。これまで15年間作家活動を続けてきた木村氏は、のどから手が出るほど読者の生の声を聞きたかったというのですが、出版物っていうのは一方通行のメディアで、読者の意見は売り上げと言う数字でしかかえってきません。

トラックバックは読者の声をそのままフィードバックしてくれるもの。木村氏はそこに感銘を受けたそうです。直接対話というとメールアドレスや電話番号が必須に思えますが、トラックバックはブログの記事同士を”つなげる”ことで対話が可能です。このブログを読んでいるみなさんは、エキサイトブログを始めている人が多いかと思いますが、おそらくトラックバックの魅力を感じているでしょう。

木村氏は、読者やファンからトラックバックされた記事をしっかり読んで、エントリーで紹介したり、トラックバックを仕返したりしています。そして、毎週優秀なブログを取り上げて紹介しています。

ここまで有名な人に紹介してもらうのはファンにとって夢のような出来事でしょう。しかも「月刊!木村剛」でも同じ試みを続けていくとのこと。木村氏は、こういった活動を通して「スター誕生」みたいな試みをしていきたいと思っているそうです。

最後に、木村氏の言葉を紹介します。「これまでネット上では閉鎖的なコミュニケーションが横行してきました、しかしリアルワールドを中心としたポジティブなコミュニケーションメディアとしての活用法を提唱していきたい」。

僕も、10年くらい前から「We are practicing the understanding and total circumference of the internet as a communication media.」というキャッチコピーで活動してきました。”コミュニケーションメディアとしてのインターネットを咀嚼する”という感じの意味ですが、ようやく成熟してきたのかなと感慨深く思っています。
[PR]
by ism_maskin | 2004-07-14 21:06
高品質・設定接続の無料IP電話がブレーク寸前!?
a0008050_151026.gifかねてから話題になっているIP電話。パソコンのスピーカーとマイクで電話のように話をしてしまおうというソフトですが、使ったことはありますか?。
有料以外にYahoo!やAOL、MSNのインスタントメッセンジャーに無料で添付されているものもあるのですが、ADSLルーターを通して使うのが難しかったり、音質が悪かったりと、あまり使っている人を見ないですね。

ところが「Skype」は、P2Pネットワークの技術を使っているので、そういったネットワーク設定上の問題はほぼないに等しい上に、音質は携帯電話以上、しかも無料というものなのです。

さらにパソコン同士だけでなく、国内国際電話にも格安で対応。通話が暗号化されるなど実用性にとんだ内容です。今年はSkypeがコミュニケーションを変えるかも?
[PR]
by ism_maskin | 2004-07-13 15:11 | 技術
デスクトップ検索
みなさんはパソコンを使い初めて何年になるでしょうか?

メールやはもちろん、どんなアプリケーションを使ってたところで、さまざまなデータや文書ファイルがどんどんハードディスクに蓄積されていくもので、「あれ、いつの間に、こんなにハードディスクの容量が減ったのだろう?」といった事態におちいるのが常です。もはや数GBでは足りないといえるでしょう。

これだけハードディスクを浪費するのに、自分の役に立っているか?というのが今日のお題です。フォルダ名を工夫したり、メールのフィルターを沢山作ったりしてもなかなか情報を整理することはできないのではないでしょうか?

そこで僕が注目しているのが「デスクトップ検索」です。
これは今までも簡単なものが搭載されていましたが、Appleの次世代OS「Tiger」やMicrosoftの次世代Windows「Longhorn」では、その部分がかなりブラッシュアップされているのです。

僕は、MacOSXは、すでにインターフェイスの面で一歩先をいっていると思うのですが、先日発表されたTigerではさらに高度に、利用者重視のデスクトップ検索システムが搭載されています。

これは、メールやファイルはもちろん、スケジューラや住所録、機能までもを対象に検索できるものです。例えば、「増田真樹」というキーワードで検索すれば、住所録の該当カードはもちろん、メール、スケジュール上で関連する項目が一度に現れます。

頭の中で是非イメージしていただきたいと思います。
名前や会社名だけで、すべての情報が整理されてしまう。もやはフォルダもメールフィルターもほとんど必要ない環境は世界を変えるのではないかと思うのです。
[PR]
by ism_maskin | 2004-07-12 15:09 | 技術
ブログと出会い
先日、今何かと話題になっているライブドア堀江社長の講演を聴いてきました。年齢も近いところから、個人的に共感を得るところが多く面白かったです。講演のテーマは”ブログ”。堀江社長は実際にブログ「社長日記」を運営していて、そこでの経験などからブログの魅力や可能性について話されていました。「ブログは面白いし、ビジネスにも役立つ」ということです。

内容は、筆者の著書「1日5分の口コミプロモーションブログ」とほぼ合致する感じ。聞いていてなんだか複雑な気分でした(^^;)>

気になったのは公演後の質疑応答。ある来場者が投げかけた質問「ブログは誰にでも楽しめるとはいうけど、結局堀江さんほど有名じゃないとメリットを享受できないのでは?」というもの。さらに「有名人のホームページはこれまでにもあった、ブログをやる意味がないだろう」という。

堀江さんは的確に「ブログのツールの簡便さが大きい。これまでのHP更新は面倒でできなかった」と応えてましたが、どうも質問を投げかけた当人はブログをやったこともないらしく憮然とした表情のまま。質疑応答はとりあえず幕を閉じたのですが、多分この質問者の感じる疑問というのは、世論をある程度代表しているような気もします。

じゃあ、ブログの魅力って何なのですか?という問いに、筆者はいつも「自分の考えや意見、趣味や関心のあるモノやコトなどをずらっと並べて”こんにちは”と挨拶するようなもの。それがネット上でできちゃう」と応えます。自分をさらけ出すだけに、トラックバックをしたり、どこかのブログにコメントを書くにしても、地に足のついたコミュニケーションができます。それがいいところだと思っています。

実際、ブログで自分のことを書いたり、考えを公開し続けてきたことで、さまざまな人と現実社会における交流が生まれました。現在、筆者は地方に在住していますが、少なからず不安はあり、こういった出会いは今まで感じたことはなく感動的でした。

今日、ブログ「週刊!木村剛」が人気のKFi木村氏に話を聞いたのですが、彼も似たようなことをいっていました。彼はかれこれ物書きとして15年ほどのキャリアがあるのですが、出版物をいくら出しても、その反応は売れ行きの数字くらいしか返ってこないことに不満を持っていたようです。それがブログによって、読者やファンからの意見をダイレクトに受け取るなどのことができるようになり、大いに盛り上がっているとのことです。ブログによるコミュニケーションは、あくまで自分のブログを土台に行うために、責任感もありポジティブになりやすいという意見です。筆者もそれには大きくうなづけました。

これまでいわれてきたネット上の”出会い系”というのは、年齢や住んでいる地域、趣味と言った統計的数字でマッチングさせられてきましたが、自分自身をさらけだすブログの普及によって、”新しい出会い系”が生まれるのではないかと思っています。それは、話題のソーシャルネットワークサービスかもしれませんし、もっと別のものなのかもしれません。今後に期待しましょう。
[PR]
by ism_maskin | 2004-07-06 16:29 | クオリア
伝統文化はネットで伝承できるか?
a0008050_04752.jpg例えば日光のように、ここ最近、封印されてきた日本の調度品や宝物が公開される流れが生まれています。とにかく目を奪われるほど美しい。それと同時に、日本古来の文化に関心を持つようになりました。

それでより庶民的な美しい調度品を探そうと、この5月に、稲作農家を中心にさまざまな鯉のぼりを見て回ったのです。

”午の節句”はもともと中国の行事らしくて、中国の故事「鯉変じて龍となる」にちなんでいるといわれているらしいです。

人によっては、「滝を上る鯉のように子供が元気よく育って欲しいという願いから」といわれ、また「戦国時代の初期には、各大名家には「子供部隊」が存在していて、大人と子供を区別するために鯉のぼりが使われてきた」ともいわれているように、実は現在何故こうして文化を継承しているのか不明。

まあ、とにかく、大きくて美しい鯉のぼりにはパワーとか生命力みたいなモノを感じますよね。生きているみたい。鯉のぼりが生まれたばかりの頃は、黒と赤といった色しかなかったらしいのですが、時代の変化はおそろしいもので、紆余曲折(?)というか人々の勝手な思いが、こうして素晴らしい作品を生み出したという事実そのものがすごいなあと感じます。

また、最近よく考えるのだけど、知的経験の多くがネットやゲームで伝達されるようになったこの時代、果たして無形文化の伝承は可能なのでしょうか。多分、「あの敵は、あのアイテムで」みたいな話はできると思うけど、すべて頭の中のイメージで起こっていることで、少なくとも鯉のぼりみたいな全身に訴える創造物とは関係ないような気もします。
[PR]
by ism_maskin | 2004-07-06 00:49
BRING THEM HOME
坂本龍一さんのウェブサイトで名曲「BRING THEM HOME」をフルコーラスで聴くことができるようになっている。アルバム「Smoochy」から。

坂本さんとのメールのやりとりを添えて紹介します。


maskin>環境問題と育児(子供・家族)はとても強い関係があると感じています。
坂本氏>当然です。
子供が生まれる(次世代)ことによって、自分の未来への視力が増すのです。
子供が20歳になった時の世界や地球を想像しながら、今を考え、行動しなければ
なりません。しかし、それさえできない大人が多い。
大人は未来世代に対して、大きな責任をもっているのです。未来世代が使う
権利のある資源を、今の世代が使ってしまうべきではありません。
見方を変えると、環境問題とは世代間戦争なのです。



今、ぼくたちは未来世代に対して、ゴミを残し、その資源を使いきり、
しかも債務を残しています。声を出せない彼らは三重苦をおっている
ことを知るべきです。


自分の子供に苦痛をおわせようとする親がいるでしょうか?
しかし、ぼくたちが今行っていることは、まさにそれなのです。


*metamix.comからの転載です
[PR]
by ism_maskin | 2004-07-02 15:56 | クオリア
ソニー「ウォークマン」発売から25年
a0008050_15434.jpgすっかりカセットテープをみることすら無くなってしまった。つい最近まで、携帯音楽プレイヤーとしてのウオークマンとカセットテープは、音楽好きには欠かすことができなかった存在だと思います。僕も、高校生の頃、往復40キロ近い距離を自転車で通っていて、その長い道のりに音楽だけは手放すことはできませんでした。

ソニーが、「ウォークマン(TPS-L2)」を発売したのは、今から25年前の7月1日。当時の価格は3万3千円だったそうです。今みても欲しいと思わせるデザインだと思う。カッコイイ。

そして今、ウオークマン25周年目にソニーが手がけるのは、Hi-MDに対応したウオークマンと、ハードディスクを内蔵したネットワークウォークマン。特にネットワークウォークマンは、世界中で大ヒットしているApple社のiPodに真っ向から戦いを挑む考えらしいです。ちなみにこちらは5万3千円前後とか。正直、デザイン面で進化があるようには思えません・・。

この辺て、デザイナーが私たちの生活に合わせて、こういうサイズで、こういう色で、という引き算的な考えだから、こういうデザインになってしまうのだと思います。時代の流れにおけるさまざまな要因で生活そのものが変わっているから、デザインも変わるのだという考え方はまあ正しい。

実際、初代ウォークマンを持ってこられても、確かにこのサイズじゃバッグに入らなくて持ち歩きに不便という問題がでるのは必至ですが、なんだかこういうものを一個持って、それを中心にした生活に変えるというのも面白いかなと思います。


【関連URL】
・Sonyウオークマンギャラリー
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/walkman/photo.html


・"いつでも、どこでも、手軽に"音楽を楽しむ ウォークマン 新世代へ
http://www.sony.co.jp/Welcome/PressTopJ_2004070101.html
・Sony Japan
http://www.sony.co.jp/
[PR]
by ism_maskin | 2004-07-02 15:44 | 人と夢




Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム